サイトメニュー

薬剤にも種類がある

女性

正規品とジェネリックについて

ボトックス注射治療で注入する薬剤はボツリヌストキシンです。ボツリヌス菌から抽出した天然のたんぱく質であり、医療現場でも長らく治療の為に使用されていたものが美容医療に転用されました。安全性は世界70か国以上で認められており、日本でも厚生労働省も認めています。しかし認めているのは正規品と呼ばれるアラガン社製のみであり、ジェネリックは認めてはいません。ジェネリックは正規品と同一成分同効果なのですが、安全性の基準については各国で異なります。日本の基準以下の国の製造は安全性の裏がとれないと認められていません。ボトックス注射治療では正規品かジェネリックかを選択する事もあり、ジェネリックは安い事から選択される方も多いです。ジェネリック全てが粗悪品ではなく、安全性も正規品同等の種類の方が多いです。しかし厚生労働省が認めていない事や、自費診療である面から、選択する際はクリニックの医師に十分説明を受けて検討する事が重要です。ボトックス注射治療は永続的な効果ではないので、効果継続には定期的に施術を受ける事になります。ジェネリックは費用も正規品より安くなるので負担は少なくなるので、冷静に検討し受ける事でメリットは大きい選択肢の1つです。

ボトックス注射治療で使用されるボツリヌストキシン製剤には種類があり、正規品とジェネリックがあります。正規品として厚生労働省が唯一認めているのは、アメリカのアラガン社が登録商標しているものです。日本ではこの登録商標の使用が許可されているのはグラクソ・スミスクラインとアラガン・ジャパン株式会社の2社のみになっています。クリニックが用意している正規品は全てこの2社から取り寄せています。ネットの普及から情報収集する方も増えた事もあり、安全性と信頼性の観点からこの正規品を用意し推奨するクリニックの方が多い現状です。日本では正規品以外のジェネリックで代表的なのがFDAの認可も取得したドイツのメルツ社製であるゼミオンがあります。正規品よりもさらにたんぱく質等の異物を取り除いた高い安全性が知られているボトックス製剤です。抗体ができ難い特徴があり、再施術の期間も早いボツリヌストキシンです。同じくジェネリックではメルツ社製と並んで韓国のニューロノックスがあり、日本でも100万本以上の販売実績があります。コストパフォーマンスが高く、ボトックス注射治療の中で比較的多量に注入が必要な足や腋等の施術に最適と言われています。